2016年6月20日月曜日

お祖母ちゃん生徒の絵がすごかった

またしても久しぶりの更新です。毎回これ書いてます。

四コマもあきらめたわけじゃないんですけども。。。まだ古いストックもあるくらいなんですが。

今回は私が外国人向けの講師を務めているマンガスクール中野の話。FB投稿だと、ちょっと長くなってしまうかなという内容なので...

大した話じゃないんですけど、この前の土曜日は大漁で、午前6人午後7人という団体さんがいらっしゃいました。てか一家で来たんですね。

私が担当しているのは「英語で習うマンガ」でして、初心者から経験者まで、一回限りのマンガ体験から短編マンガを描こうまで、まあなんでもありな内容です。外国人なんて、そう多くの需要はないから、何でもやらないとしょーがないんですよね。

で、1年とか半年とか、長期で通ってまとまった内容をこなしていく人もいることはいますが、メインは観光客。寿司体験とか、着物体験とかと同じカテゴリで「マンガ体験」です。温度は様々で、マンガが大好きで、これを目指して来るひとから、日本でしかできない変わった体験をしたいだけ(マンガ、あるいはマンガ風イラストなんか描こうと考えたことすらない)って人まで様々。

最初にさっくりといわゆる「マンガっぽい絵の描き方」を説明して(かなり絵心のない人でも、丸描いて線引いて、ある程度それっぽく形が作れるようにします)、そのあとでちょっと練習、そして漫画原稿用紙に下絵、ペン入れ、時間があればトーンで2時間強。「マンガ体験」はこんな感じ。

このマンガ体験コース(?)の受講者は基本観光中なので、家族全員できたりもします。興味があるお子さんだけ預けて授業が終わるころ迎えに来たり、横で本を読みながら待っていたりする場合もあるんですけど、ちゃんと人数分受講料を払って、みんなで絵を描いていく一家もあって...その日は二組ともソレ。

それ自体は別に珍しくないんですが、その日の一家は二組とも大人が上手かったんですね。マンガには興味のない親たちが。絵心があったんだろうけど。。。ちょっと驚いたんでした。

大概-もちろん年齢にもよるけど―子供たちのほうが上手いんですよ。好きの温度差はそれぞれあっても、子供たちは、少なくともマンガ(かアニメ)を知ってるわけだし。

特に午後の一家は上手かった。しかも、一番うまいのがお祖母ちゃんだったという...
このお祖母ちゃんはですね、説明の後の練習では、フツーにリアルなお孫さんの絵を描いていたんですね(特に上手いというわけでは...)。マンガには興味ないんだろうなーと思ったんですが、一応「マンガ風にデフォルメしてみませんか?」といって、ちょっと例を挙げて、説明したら...「デフォルメね、なるほど」とかいいながら、こんなん描いちゃった。フツーに上手いじゃん!(トーンはね、下の紙までナイフで切っちゃったけどね)

そして、お母さん。こちらも、最初は「う~ん…」な絵を描いていたのですが、ちょっと説明したら、まーこんなん。こういうイラストも普通にあるでしょー?目のペン入れのやり方は私が提案して、右をやりました。左目はお母さん。すごいナチュラルにできてる。手取り足取りやっても、なかなかこうは行かないんですよ~。シアラっていうのはお嬢さんの名前。そう、二人して同じ子を描いていたんですね。

私も記憶でシアラちゃんを描いてみました。
(その日はチャイナドレスを着ていたんだけど忘れてて...)


こちらお父様の作品。若干マンガからは離れるし、ぎこちなさはあるんだけど、トーンの使い方とかなんか自然なんだよなー。お父さんにはトーンを教える暇はなくて、うっちゃらかしだったんですが(なにせ7対1だから~)、娘さんが作業するのを見ていて、彼女に教わりながらやっていたらしい。

こちらお嬢さんその1の作品。話を聞くところによると、この一家でマンガが好きで、よく絵を描いているのはこの子だけ。彼女が来たくてきたようなのですが、シャイなのか、ほとんど話しません。まあ、彼女は自分の好みの絵柄を持っているし、好きなように描きたいようなので...2枚ほど他に描いていました。ペンにはあまりぐっと来なかったみたい。参加人数が多くてあまりかまってあげられなかったのは悪かったかも。。。

お嬢2。「怒った顔を描きたいんだけど…」というので、眉間にしわ、歯を食いしばる、と、参考の表情集の絵を渡して、怒ってるんだからグイグイ強い線で描くといいよね、といったところ...。特にマンガに興味はないようだったけど(だから好きな絵柄とかない)、力強い線でいい表情に描けてますな。(若干私が手伝ってます) 怒って髪の毛が逆立った感じって彼女にとってはこんな風らしい。

お嬢その3
彼女は割と平均的な参加者な感じ。コミックやディズニーの香りが漂うイラストに仕上がってます。でもレベルは高いほうだなー。鼻とか、なかなか描けない人が多いんですよ、なんか「く」の字型になっちゃうんだな。「マンガの鼻はスーパータイニーだから、点でいいんだよ」といっても、やっぱり「くの字」になってしまう人が、それはそれは多いのです。

お嬢その4
5歳のお嬢ちゃんは、当然飽きてしまうし、つけペンを使うとやばいことになっちゃいそうなので、色鉛筆で遊んでいてもらいました。「描いちゃったよ~」というので、猫とか犬とか描いてみたら?と言ったら猫を描いて、この絵をくださるというのでサインをしてもらったのでした。Sierraちゃん。
人数は多いし、みんなそれなりにノリノリで描いているして、軽く一時間オーバー。まー楽しんでもらえたようだし、絵もくれたから、いいけどね。

一回で上手くなるわきゃないので、このクラスでは楽しく描いて、ちょこちょこ私が手を入れて、一人では描けなかった「カッコいい」絵を持って帰ってもらえれば100点。そういう意味ではこの日は120点を自分に上げられると言い切ろう!

2016年4月27日水曜日

ギリシャ料理と浮世絵

また浮世絵展に行ってきた話。

その前に、ギリシャ料理店スパルタに行きました。
これは、こないだ中野でご飯を食べた元生徒と二度目のデートで連れて行ってもらったところ。彼女は日本にいたころの上司に教えてもらったということですが…横浜関内駅から、知ってる人は知ってるレストランらしいですね。今回はみなとみらい駅で待ち合わせて、そこから徒歩。少し歩く。

お勧めを聞いたら「初めてなら」と全部盛りセットみたいなランチを勧められた。前菜、ディップとバゲット、スープにメインにケーキ。ランチにしては結構なボリューム。値段も2000円ほど。タコうまいw

メインはムサカ。ギリシャといえばムサカでしょと。デザートのケーキもそうだけど、スパイスが独特で美味しい。トルコ料理に近いね、隣だしね。


一緒にいったMちゃんはラム。

決して安い、というわけではないけれど、是非ディナーに、とMちゃん。こっちはめったに来ないんだけど、横浜に出るようなことがあったら足を伸ばそうかなと思えるお店ではあります。

で、横浜に出てきたので、そごうでやっている浮世絵展に足を伸ばしてきました。

猫といえば歌川国芳ということで、こないだ行った国貞・国芳にかなりかぶる展示もあったんですけども。でもやっぱりボストン美術館所蔵の作品とは刷り、保存状態ともに格段の差があったけども。

そごうって投票すきなんですかね?前回「幽霊・妖怪展」に行った時も幽霊48とかって人気投票があったなあ…。

入り口が楽しい。「写真とってもいいですけど、閉まっている時だけでお願いします」だそうです。

「撮影コーナー」 左は顔を入れるやつですね。文化村の根付みたいな面白グッズはなかったけれど、せっかくなんで国芳のクリアファイルを買った。

猫は正義ですな。ついでがなければ来なかったと思うけれど、結構面白かった。(どちらが、といわれればザ・ミュージアムのほうを勧めますが)月岡芳年とその弟子の絵なんかもあって楽しかった。閉館まで2時間で、ちょっと駆け足になってしまったのがアレだったなー。時間配分が難しい。

2016年4月23日土曜日

国芳のガチャ

久しぶりのブログなんですけど、4コマじゃないんですけど。実は4コマ、まだストックがあるんですけど英語版が出来てなくてグダグダしてんですけど。

今日は急遽入ったマンガレッスンで9時半に学校へ。何でも木曜日にVoyajin経由で「明日の午後、でなければ明後日土曜日午前中、だけど12時までに終わらないと困る」というのが来たので、本来10時―12時のところを30分早めて容赦ナシの9時半(思ったよりラッシュじゃなかったけど)

学校についてみたら、生徒の彼はもう来ていて、足元にはでっかい荷物が…。そう、彼はこの後まっすぐ空港に行くのだという。それじゃあ12時をちょっとでも過ぎたら困るっていうのも納得だ。旅行も終わろうって頃に偶然ネットで見つけたんだろうなー。まだまだ宣伝が足りないなー。

フレンチ男子、CGのモデリングみたいなことをやっているらしい。好きなアニメはジブリ。ジブリはみんな好きだけど、フレンチは特に多いような気がする。

子供のころは描いていたけれど、15年ほどブランクがあったそうだ。
同じ描くのが好きな人でも(マンガ家でも)、描くのを止められる人と、そう
でない人がいると思う。私は後者です。

彼氏は色々楽しくおしゃべりをして、絵を描いて、あわただしく荷物を引っつかんでフランスへ帰っていった(笑) ある程度年齢がいっていると、マンガの理論や歴史なんかをつい話してしまうので、それで向こうも理解できるので色々質問してしまって、肝心の絵を描く時間が少なくなっちゃったりする。

その後、なんと昨日レッスンに来た10歳の女の子がお絵かきノートを置いていってしまったので、そして親父は取りに来るのは難しい、というので、ホテルに送る為に郵便局へ。今日は土曜日なので本局まで。

そしたら帰りにこんな看板がひっそりとたたずんでいるのを見つけたので入ってみた。昭和なラブホテルの隣のビルなんだわw ちょっと怪しげなんだけども?
 狭い階段を上がっていくと、ヒジョーにこじんまりとしたレストランが。5テーブルくらいしかない。
なかなか素敵なカレーでした。スリランカカレーって初めてかも。ライスはちゃんと、パラパラのインディカ米なんだよー。これは大事だよ!レストランアチャラナータ

マスター(?)は気さくで話好きな兄ちゃんで、何しろ店が狭いので否が応でも話をすることになる。入ったときは外国人観光客のカップルがいただけだったけど、後からもう一組入ってきた。それなりに人は来るようだ。

800円でこれはコスパいいと思うし、ガスト行くくらいならこっちまでご飯にくるかな、とか思うのだった。コンビニ弁当という手もあるんだけども。

その後、まだ早い時間だし、前から気になっていた文化村の国芳・国貞浮世絵展に行くことに…
ザ・ミュージアムがこんなに混んでいるのに出くわしたのは初めて。考えてみれば土曜日だった…。なんかへとへとになってしまったのでした。展示は面白かったし、点数も多かった。お勧めではあります。画集で持っているやつが見れたりして、楽しい。

普段はグッズなんか買わないのだが、猫又が欲しくてガチャに挑戦。この三種類のどれかが出てくる仕組みになっているらしい。「猫又でないね~」とか言ってるのが聞こえる。なんでガチャなのかな。

なんとあたりました。 (失くしたらいやだから家に帰るまで開けなかった)

猫どくろでもよかったかな、と思うけど。ていうか、こんな形の代物、あちこち引っかかって使えないなあ…とか思う。あちこちもげそう。

なんて一日を過ごしたのでした。ああ、明日も学校だ~。

2016年2月4日木曜日

KDP新刊と無料キャンペーン

Blog更新が滞って、久々の更新で告知と言うのも困ったものですが、一応予告どおり1月中に真空地帯12巻出せました。書籍版(同人誌)では190ページあった11巻を二冊に分けた後半部分です。


なので、既刊11と10を本日木曜日から、5日間無料にいたしました。木曜17時頃から無料。無料ですのでDLしていただければと思います。同人選書版のほうは先日9巻分のデータを渡しましで、追いつかれてしまいそうな勢いです。2回くらい無料できるのかな…



2016年1月8日金曜日

トイレするっ!

年末年始にかけてオンラインTSUTAYAでDVD旧作50円てのがやっておりまして、10本借りました。ダークナイトとか宇宙人ポールとかソーシャルネットワークとかブラックスワンとか、お前それ観てないのかバカモノ的なタイトル群で、正月も明けましたがまだ見終わっておりません。

遅く届いたクリスマスカードに添えられた美味しいチョコをかじりながらビデオを見る日々でございます。読む本も溜まっておるんですが、ミレニアム図書館で借りてこようかな。買うと置き場所がなー。

2016年1月4日月曜日

今年もよろしくお願いします


あけましておめでとうございます。

SNSには投稿していたのですが、ブログは年末以来更新せず、三が日もあけてしまいました、世間は通常運転に戻りつつありますので、便乗して開始です。別に普段から運転なんかしてないけど。

さて、大晦日からクロとメイの姉妹、トラコが遊びに来ていまして、姉妹全員(あと一匹、オスのトラオ君がいたのですが、保護されてから亡くなってしまったのだそう)そろって年越しいたしました。
三匹はとても仲良しです。(お母さんとは他猫になってしまったようですが)


...だからといって特に何もないですが。幾分か暴れっぷりに拍車がかかって階下の人が困っているかな、っていう感じ。

私が調子に乗ってブラシをかけすぎてトラコをはげ散らかさせてしまいましたが、レッグウォーマーで作ったベストを着てあったかくしています。今年は異様に暖かいので、こんなの必要ないかもしれないけど。
最初はちょっとヨタヨタっとしてましたが、直ぐに走り回れるようになりました。ミケは相変わらず丸くってまだまだ元気そう。毎日えさを貰いにきています。


今更ですが(SNSで挨拶はしちゃってるんだけどな)、本年もよろしくお願いします。

2015年12月29日火曜日

西洋人は落描きしないのか?

この前来た生徒さん(オーストラリア)と話して思った事。

彼女は先生について絵を習っている。鳥などの小動物の細密画。画材も水彩や色鉛筆をつかって、かなり本格的に描いている様子。

マンガは好きで読むけれど、描いたことはないから、習いたいのだそうだ。

余談だけれど、彼女は提携している旅行代理店経由のお客。英語でマンガ習えるところ、というのが地力では見つけられなかったのだそうだ。まだまだ広報不足だなあ。

「普段どんなのを描いているの?」と聞いたら、マンガキャラ的なものを描いたことは無いのだそう。というか、人物を描いたことが無いらしい。

「ちゃんとしたアートスクールには行かなかったから」

ふーん?絵が好きで、鳥とか描いているのに、人間は描かないのか。マンガが好きで読んでいるのに、そういうのを描いてみようと思ったことは無かったのか。てか、授業中とか仕事中にノートに落書き描いたりしないのか。

”How to draw Manga"的な本を一冊買って、読んだことはあるそうだ。「英語で出版されているその手の本は少なくて…」どうやら内容には満足していない口ぶり。読んだけれど、実際に描いたことは無いらしい。

(私も、私の知る限りで、その手の本でいいな、と思うものに出くわしたことは無い。だから機会があったら自分で作りたいと思っているんだけど)

???そういうの買ったら、とりあえず描いてみないか?てか、絵に興味があって、教養もあって(習っているくらいだもの)、マンガが好きで、それでいて描いたことが無いっていうのが、感覚的に飲み込めないんですけど?

ペンとインクでコマ割りして。。。とは言わないけど、落描きくらいはするんじゃないのか?

日本人なら、そういう条件がそろったらもう描かずにはいられないと思うのだが?私の周りはマンガリテラシーが高い(?)人間が多いから、そう感じてしまうだけなんだろうか…?

日本旅行中に体験コースとして、「せっかくきたんだから挑戦してみよう」(七宝焼きみたいにね)というのなら分かるのだが、実際そういう生徒(お客)も多いのだけれど、考えてみれば彼女のような、「マンガは大好きだけど、落書き程度にも描いてみたことはない」という生徒は初めてではない。(絵を習っているにも関わらず、というのは初めて)

これは個人差なのか、お国柄なのか、東西の文化差なのか…。もちろん、鉛筆で落書き程度には描いています、という人が多数はではあるのだが。

山田五郎が、日本人は全体的に絵心があると言っていたが、それは肌で感じる気がする。単なる印象だけど。それにしても描きたくならないって不思議。


それで思い出したのが、とある小母様達との会話。

以前地元の英会話サークルに入っていて、そこのメンバーの小母様達は韓流ドラマにはまっていた。次にどうなるかわくわくしている、みたいな話だったのだが、そこで私は大発見したんであったのだ。

「この人たちは、熱中しているドラマの次回がどうなるのかと想像するということをしない」

そういう人種というものがいるのだ、それも結構なパーセンテージでいるらしい、というのは私にとっては晴天の霹靂だったのだ。「次回をお楽しみに!」っていわれたら、ああなるかしら、いやこうじゃねえか、こうだったらいいのにな、とかアレコレ考えずにはいられないじゃないか?

私は大学時代アシスタントのアルバイトして、社会人にならずにマンガ家デビューしたので、周囲の人間は親兄弟親戚を除いて基本自分の同類ばっかしだったので、まさかそんな人間がいるなんて考えてもいなかった(考えてみると親戚も親もこの手の人種な感じなんだけども、あんまり周囲のことを気にしない人なので)。

そんなことから類推するに、世の中には大好きだけど、描いてみるということには思い至らない人たちが…?

てかさ、習う習わないの次元じゃないじゃん。とりあえず描くじゃん、描きたかったら。とか自己否定みたいなことを言うけどさ。(それでも出来ない部分を習うというかね)