2012年12月21日金曜日

キンドル・ファイア来た

買ったわけよ。ペーパーホワイトみたいに品薄ってことはないようで、スキっと発売日に届いた。


 私が一昔前に一大決心して買ったKindle4は日本書籍に対応してないし(Amazon.comで売っている本でさえ開けない)、てかKindle for PCでも開けないし、iPhoneでみてもちっちゃくて良くないし、ポートフォリオでーすなんちゃって出先でササッと絵を出して見せられるデバイスっていいなあと思ってたりしてで7インチタブレットは、ある意味必要(?)だったんで。

iPadは持ち歩くにはデカそうだし、とにかく高い。ミニもお高い。ネクサスは使わ(え)ない部分が多くて無駄しそう。カスタマイズとか全然興味ないし。カーナビなんかいらないし。ビーム、なにそれ?中華パッドはありえないでしょ。じゃあキンドル・ファイアか、ってことになる。読書デバイスだって言うんだから、ペーパーホワイトほどでないにしても、目には優しいんじゃないかって期待もあるし。キンドル4にはついていなかった読み上げ機能もチョット気になる。

でね、なんか不便。iPhoneとかiPadとかってよく考えられているんだなってワカリマシタ。慣れているだけってことじゃない気がする。なんかわかる。まあキンドルだってマニュアルは無いから弄りながら分かっていくのはそうなんだけど、比べると、ああ、あっちはこうなってるケドその方が楽だよなあとか、沢山。

タブレット使い道あるーてことになれば、本腰を入れて二代目は…多分iPadのデカイのか小さいのを買うかなあ。iCloudで楽だもん。楽すぎてバカになるんだろうか…

父親がKindle for iPhoneで買ったダタ本に興味があるみたいだったから(スマートフォンは幾らするんだと聞いてきた)、使えるなら親にも、と思ったけど、キンドルを待っている間に飽きてしまったみたいだ。ジジイはダメだ。

読み上げ機能は機械にしては良かったけど(英語のみ)、やっぱ私程度のレベルでは付いて行くのがキツかった。もひとつ言うと、あんまり言われていないみたいだけど、私は画面が黄色味がかっているのがチョイ嫌。あと思ったほど目に優しくなかったよ。

アプリはいちいちAmazonストアで探さなきゃならないから面倒。GooglePlay使えないから、(使えるように出来るらしいが、そんなことするならNexusが買えるよ)自前のiPhoneに近い環境にするのは難しい。

Dropboxは入れられてオメデトウ。(何でかしらないけど、あのメジャーなAppがAmazonでカバーされてない)